メインコンテンツに移動
  1. HOME
  2. 腕時計ブランド一覧
  3. オリス(ORIS)
  4. ブランドニュース一覧
  5. 2019新作 オリスのビジョンを象徴するコンテンポラリーなマスターピース「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」
MENU
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • Mail
  • YouTube

ORIS | オリス 2019新作 オリスのビジョンを象徴するコンテンポラリーなマスターピース「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」

ORIS(オリス) 2019新作 オリスのビジョンを象徴するコンテンポラリーなマスターピース「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」

 オリスより、自社製キャリバー搭載の最新モデル「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」が登場します。10日間のパワーリザーブとノンリニアパワーリザーブ表示がどのように機能するか見せるため、キャリバー115のムーブメントをスケルトン化し、美しいスイス製機械式時計の価値を強調したコンテンポラリーなタイムピースです。


時代を超越する時計

「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」はオリスの時計作りのルーツと、独立ブランドとして進むべき道を示唆するものです。

 今私たちを取巻くテクノロジーの仕組みを理解する人はどれほどいるでしょうか?ナットやボルトの働きはわかりますが、コネクテッドデバイスがどうやって空中の目に見えないネットワークで繋がるのかを理解する人は少ないでしょう。ハイテク技術の進歩により、私たち自身が所有するものの働きさえも理解できない状況になっています。

 スマートフォンをはじめとするツールは私たちの仕事や生活を便利にする有り難い存在でもあります。でも、それらは便利な反面、私たちを縛り付けて奴隷にしてしまう恐れもあり、それらの機能を完全に理解しない限り、完全に信頼するわけにもいきません。それが、今や私たちの不安材料にもなっています。そのことを考えていくと、何世代も前の人たちが憧れた機械式時計が、今の時代にこそふさわしいのではないかという思いに至ります。電気も使わず、何とも「接続」しないもの。アプリもないし、スモークもミラーもない。古風?それとも啓蒙の光でしょうか?

 機械式時計は人の手で作られた、人間に近いものと言えます。自動巻の時計は身に着ける人が動かなければ止まってしまいます。手巻の時計はねじを巻かなければやがて止まります。人との関係が具体的で明白です。

 オリスはその点を深く考えてみました。機械時計のバックボーンを正直に包み隠さず見せるとどうなるか?そしてそのコンセプトを通して見ると、オリスの時計はどうなるか?何を語り掛けるのか?

 その答えが、ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115です。これまでで最もオリスらしい時計、これまで作ったすべての時計に導かれた結実です。

 オリスが1904年の創立以来ずっと拠点としてきたヴァルデンブルグ渓谷の自然からインスピレーションを受けたものであり、現代文化を反映しつつ真のものづくりを追求したいという思いを込めたものです。オリスの本当の個性を表現しています。

 そのアイデアはまずムーブメントから始まりました。オリスは機械式時計だけを作る独立企業です。機械式の鼓動によってすべてが動く時計を作ってきました。創立110周年を記念して、オリスキャリバー110という自社製10日間パワーリザーブ表示、特許取得のノンリニアパワーリザーブ表示、スモールセコンドを搭載したムーブメントを限定モデルで世に出しました。

 このユニークでイノベイティブなコンプリケーションは、その後毎年ランドマークとして発表されるキャリバーの基本構造となり、去年発表したキャリバー114へと続いて、オリスのムーブメント開発のシンボルともいえるシリーズになりました。創立以来270を超える自社開発キャリバーを作ってきた歴史を誇るものでもあります。ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115は、キャリバー110のスピリットを引継ぎつつ、フルスケルトンのムーブメントをイメージして作られました。通常スケルトン仕様は時計師の腕の見せ所となるものですが、これは更にその上を目指すものです。人と機械をもう一度繋ぐものなのです。

 プロパイロットXキャリバー115は、そのメカニズムの中身を何も隠すことなく露わにします。12時位置のバレルも、メインスプリングも観ることができます。リューズを回しながら、メインスプリングが徐々に巻かれて10日間のパワーを蓄える様子を観察できるのです。

 何も歪めず、不必要な飾りもありません。キャリバー115のブリッジはマットグレーで、ポリッシュも刻印もされていません。ルーペでムーブメントを覗くと、面取りされず自然な状態のエッジが見えます。スイスの時計作りの伝統技術そのままにあるべき姿を見せているのです。

 オリスのデザイナーが、ムーブメントの美しさをそのまま生かし、1910年代初頭から1917年のビッグクラウンに続く自社のパイロットウォッチと、その後の機械式時計作りの歴史を閉じ込めるダイナミックで大胆なケースを作りました。それはブランドのストーリーを堂々と語っています。

ORIS(オリス) 2019新作 オリスのビジョンを象徴するコンテンポラリーなマスターピース「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」

 ブラッシュ仕上げのチタンケースも真摯に作られています。1938年のオリジナルに、ジェットエンジンのタービンブレードをモチーフに取り入れたプロパイロットのベゼルを踏襲しました。伝統的なコンセプトを取り入れながらも未来に向かう姿勢を表し、力と自信に満ちています。オリスの時計作りの技と、スイス時計業界が次の時代に進むことへの革新を表しているのです。

 オリスは、見せびらかすような贅沢としてのラグジュアリーではなく、品質や時、空間の真価を理解し、評価するラグジュアリーを提案すべく、不必要なディテールは排除しました。意味のないコンプリケーションは付加せず、本質を追求した生きたクラフトマンシップです。

ORIS(オリス) 2019新作 オリスのビジョンを象徴するコンテンポラリーなマスターピース「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」

Big Crown ProPilot X Calibre 115
ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115

Ref.:115 7759 7153 7 22 01 TLC
ケース径:44mm
ケース素材:マルチピース チタン
ストラップ:マルチピースチタン、チタン製リフトクラスプ
防水性:10気圧(100m)
ムーブメント:手巻き、Cal.115、240時間パワーリザーブ
仕様:時・分・秒表示、7時と8時位置の間にスモールセコンド表示、時刻調整とストップセコンド、3時位置にオリス自社開発特許取得済みノンリニアパワーリザーブ表示、高級木製ボックス
価格:810,000円(税抜)

ORIS(オリス) 2019新作 オリスのビジョンを象徴するコンテンポラリーなマスターピース「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」

Big Crown ProPilot X Calibre 115
ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115

Ref.:115 7759 7153 5 22 04 TLC
ケース径:44mm
ケース素材:マルチピース チタン
ストラップ:ブラックレザー、チタン製リフトクラスプ
防水性:10気圧(100m)
ムーブメント:手巻き、Cal.115、240時間パワーリザーブ
仕様:時・分・秒表示、7時と8時位置の間にスモールセコンド表示、時刻調整とストップセコンド、3時位置にオリス自社開発特許取得済みノンリニアパワーリザーブ表示、高級木製ボックス
価格:770,000円(税抜)

ORIS(オリス) 2019新作 オリスのビジョンを象徴するコンテンポラリーなマスターピース「ビッグクラウン プロパイロットX キャリバー115」

BRAND NEWSオリス ブランドニュース

オリスのBRAND NEWSをもっと見る

BRAND CONTENTS オリス コンテンツ一覧

INFORMATION

オリス(ORIS)についてのお問合せは・・・

オリスジャパン株式会社
〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目3-14 和光オリスビル
TEL: 03-6260-6876

オリスのオフィシャルサービスはこちら instagram instagram youtube youtube facebook facebook twitter twitter Pinterest Pinterest

オリス ブランドページを見る

続きのページがありません。

続きのページがありません。

NEW RELEASE

新着情報をもっと見る