メインコンテンツに移動

H.モーザー H.Moser & Cie.

CONCEPT

幾世代にも渡って時計づくりの伝統と技術が継承される、スイス、シャフハウゼン。ヨハン・ハインリッヒ・モーザーは、この土地の薫陶を受けて育ち、1820年から1824年の間自身の父親から時計づくりを学んだ後、時計の町であるル・ロックルでその知識をさらに広げた。そして彼は時計師として、シャフハウゼンではなく当時帝政下で幅広い時計市場を持っていたロシアに渡り、幾つかの時計店での経験を積んだ後、1828年にサンクト・ペテルブルグ自分の時計会社を設立する。これが現在のH.モーザーの始まりである。ビジネスマンとして優れたセンスを持っていたヨハン・ハインリッヒ・モーザーは、宝飾部門の1つとして時計を位置づけ、なおかつシンプルな時計もその中で展開させていったのである。そしてモーザーは販売網を広げ、卸売りとマニュファクチュールを同時に行うことにも成功。1829年にはル・ロックルに時計工場を構え、ロシアとスイス、この2大拠点で欧米のみならずペルシャや中国、日本と販路を拡大し、大きな成功を収めた。後にモーザーはル・ロックルで名誉市民に称され、1848年に故郷・シャフハウゼンに戻った後は、鉄道事業やライン川のダム建設及び電力事業にも手腕を発揮し、シャフハウゼンの産業に大きく貢献した。またこの動きは、1868年にアメリカ人、F.A.ジョーンズがシャフハウゼンにIWCを創業する際に大きな支えとなったのである。これは同時に、シャフハウゼンという町が世界的な時計産業の街となる礎にもなった。
1874年のヨハン・ハインリッヒ・モーザー没後会社や工場は売却、20世紀に入ってからのロシア革命や、懐中時計から腕時計への移行など様々な変遷を経ながらも、H.モーザーの名前は残ったものの 1979年にはついに時計製造から撤退してしまう。
一時は時計の世界から姿を消したかに見えたH.モーザーだが、1990年代以降機械式時計が再評価されて数々の名門ブランドが息を吹き返す中、2002年にユルゲン・ランゲ博士ら有志によってH.モーザーはその名が再び国際登録された。そして2005年のバーゼルワールドにおいて、特殊な永久カレンダーを搭載した「モーザー パーペチュアル1」で本格的に時計ブランドとして復帰を遂げた。
その後も独自性・実用性のある機構を次々と開発し、2013年には高級時計ブランドのノウハウを知り尽くしたMELBホールディングスに加わった。「ファミリー経営の会社であること」「自社でムーブメントを開発できること」「創意工夫に富んだ機構があること」、この3つの要素から成り、且つ年間生産本数が1000本あまりの“Very Rare”な時計メーカーであるというコンセプトに掲げ、コレクション群を一新。「エンデバー」「ベンチャー」「パイオニア」の3カテゴリーからなる新コレクションは創業者の類まれなる功績に敬意を表し、彼の人生観を表す言葉で構成されている。

    BRAND NEWSH.モーザー ブランドニュース

    H.モーザーのBRAND NEWSをもっと見る

    SHOP LISTH.モーザー 正規販売店リスト

    2020 H.Moser & Cie. New Model2020年 H.モーザー新作情報

    • ストリームライナー・センターセコンド(Streamliner Center Second)

      ストリームライナー・センターセコンド(Streamliner Center Second)

    • エンデバー・シリンドリカル トゥールビヨン H.モーザー×MB&F(Endeavour Cylindrical Tourbillon H.Moser×MB&F)

      エンデバー・シリンドリカル トゥールビヨン H.モーザー×MB&F(Endeavour Cylindrical Tourbillon H.Moser×MB&F)

    • LM101 MB&F×H.モーザー(LM101 MB&F×H.Moser)

      LM101 MB&F×H.モーザー(LM101 MB&F×H.Moser)

    • ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック(Streamliner Flyback Chronograph Automatic)

      ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック(Streamliner Flyback Chronograph Automatic)

    2020年 H.モーザー新作速報をもっと見る

    2019 H.Moser & Cie. New Model2019年 H.モーザー新作情報

    • エンデバー・センターセコンド コンセプト ブルーラグーン(Endeavour Centre Seconds Concept Blue Lagoon)

      エンデバー・センターセコンド コンセプト ブルーラグーン(Endeavour Centre Seconds Concept Blue Lagoon)

    • エンデバー・センターセコンド コンセプト ブルーラグーン(Endeavour Centre Seconds Concept Blue Lagoon)

      エンデバー・センターセコンド コンセプト ブルーラグーン(Endeavour Centre Seconds Concept Blue Lagoon)

    • エンデバー・トゥールビヨン コンセプト コズミックグリーン(Endeavour Tourbillon Concept Cosmic Green)

      エンデバー・トゥールビヨン コンセプト コズミックグリーン(Endeavour Tourbillon Concept Cosmic Green)

    • スイス・アルプ・ウォッチ コンセプト ブラック(Swiss Alp Watch Concept Black)

      スイス・アルプ・ウォッチ コンセプト ブラック(Swiss Alp Watch Concept Black)

    2019年 H.モーザー新作速報をもっと見る

    MODEL CatalogH.モーザー モデルカタログ

    2002年にオリジナルブランド名が再び国際登録され、2005年には時計の国際舞台に復帰した、H.モーザーのモデルをご紹介。

    H.モーザーのモデルをもっと見る

    CONTENTSH.モーザー コンテンツ一覧

    H.モーザーのコンテンツをもっと見る

    RECOMMEND ITEMH.モーザー 各店おすすめモデル

    H.モーザーの各店おすすめモデルをもっと見る

    SHOP NEWSH.モーザー ショップニュース

    H.モーザーのSHOP NEWSをもっと見る

    INFORMATION

    H.モーザー(H.Moser & Cie.)についてのお問合せは・・・

    株式会社エグゼス
    〒1040061 東京都中央区銀座8-4-27プラーザ銀座ビル6F
    TEL: 03-6274-6120

    H.モーザーのオフィシャルサービスはこちら facebook facebook instagram instagram

    H.モーザー ブランドページを見る

    NEW RELEASE

    新着情報をもっと見る